セフレを作る時は多少の嘘ならOK!偽っていきましょう!

嘘をつくのはいけないものだというのが、一般常識ですが、「嘘も方便」という言葉も存在しています。

自分の望むセフレを見つける為には、ついても良い嘘をついて自己演出するのも大切な事だといえます。
だからといって大きな嘘をついてしまうのはのぞましくありません。

今回は「相手の好みになりきる」ことのメリットとデメリットについてお話していきます。

相手の望む姿になりきる

相手の年齢や性格から、セフレにしたい男性像を判断してその理想の男性を演じましょう。
ここでは、決して身の丈を大きく超えた嘘の設定はしないようにしましょう。大きすぎる嘘は必ずバレてしまいます。
見た目はもちろんのこと知らない情報や未経験な事にでも、嘘をついてしまうと、それを本当に見せる為相当な時間に勉強や経験を積む必要があります。
まずは、軽めの嘘からつきましょう。

なりたい男性をイメージする

あなたには、なってみたい理想の男性はいますか?
まずはその男性像を自分に降臨させてみましょう。
最初はその人の真似でもかまいません。
きっとあの人はこうする、この場合はこうする。その想像にもとづき行動してみましょう。
そうすることで、知らず知らずのうちに、理想の男性へと近づいてくことでしょう。

まずは外見から変えてみる

外見を多少変えることで、びっくりするほどスムーズに演じる事が出来るでしょう。
なので、何事もから入るというのは、決して悪い事ではありませんよ。

まずは、なりたい姿を想像してそのイメージに基づいた身なりを整えていきましょう。
似合わなくたっていいのです。まずは服装を準備することで、自分に自信がつき後押しをしてくれるでしょう。

次にその服装に合った髪形になります。
思いっきりカリスマ美容師にお願いするのもいいでしょう。
人の印象の大部分は、髪型で決まると言うほど、ヘアースタイルはとても重要です。
最初は違和感があって変な感じがするでしょうけど、すぐになれてきます。理想の姿を、自分のものにしてしまいましょう。

但し、嘘のつきすぎはいけない

理想の姿を自分のものにしてしまえるならば、それがベストです。
しかし、人を傷つけるような嘘はついてはいけません。
嘘を本当にすることもできますが、ものには限度があります。
やりすぎてしまった結果、築いた関係を失う事がないように気を付けましょう。
セフレ作りで気をつけるには、「セフレ作りで注意すること4つのポイント」の記事を参考に。